30代女性の抜け毛対策!まずは原因を知ることから始めよう!

30代女性の抜け毛対策
ストレス社会の現代では、30代女性の抜け毛で悩む方がとても増えてきています。

ここでは、30代女性の髪が抜ける原因と対策案を紹介していきますね。

抜け毛が増えてきたと感じたり、ボリュームが減ってきたと感じたりする場合には、要チェックです。

30代女性の髪が抜ける原因

女性の抜け毛の原因
本来なら、30代女性の髪はまだまだコシやツヤがあり、抜け毛が増えたり薄くなったりすることは少ないといえます。

しかし、30代でも抜け毛が増え、ボリュームを失い、髪の薄毛に悩んでいる女性が増えているのが現状なのですよ。

下記に、30代女性の髪が抜ける主な原因を紹介します。

分娩後脱毛症

産後抜け毛
分娩後脱毛症は、女性ホルモンの乱れが主な原因です。

妊娠中は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンとエストロゲンが増加します。

特に、エストロゲンには髪を抜けにくくする作用があるので、本来ならヘアサイクルによって抜けるはずの髪が、抜けずに保った状態になります。

そのため、妊娠中は髪や体毛が増えて、毛深く感じる方も多いのですよ。

そして、無事に出産を終えると、女性ホルモンが急激に減少するため、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜け落ちる現象が起こります。

その現象こそが、産後の抜け毛の正体というわけなのですよ。

産後は、女性ホルモンの乱れ以外にも、慣れない子育てへのストレスや睡眠不足なども原因となり、抜け毛が増えるといわれています。

しかし、分娩後脱毛症は一過性のものがほとんどで、産後半年〜1年半程で抜け毛の症状が落ち着く方が多いです。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症
びまん性脱毛症は、部分的ではなく全体的に髪が薄くなる特徴があります。

簡単に説明すると、ホルモンバランスの乱れが原因で、引き起こすといわれています。

30代女性の場合、上記で説明した分娩後脱毛症が引き金となり、びまん性脱毛症になる確率が高いというデータも実証されています。

30代女性は、出産を終えるとすぐに仕事復帰する方が多く、過剰なストレスなどがびまん性脱毛症を招く要因の一つだといえますね。

産後の一時的な抜け毛だからといって甘く考えずに、産後抜け毛の症状が1年以上続いている場合には、びまん性脱毛症を疑う必要があります。

30代女性に適した抜け毛対策案

抜け毛対策の方法
30代女性が抜け毛になる原因の多くは、ホルモンバランスの乱れが関係しています。

また、ストレスも抜け毛を招く要因の一つなので、ストレスが溜まる前に上手に発散したり、気分転換に趣味を楽しんだり、工夫して生活することが大切だといえますね。

他にも、成長ホルモンが分泌されるのが、22時〜2時の間なので、22時より前には睡眠をとることを心がけてください。

良質な睡眠は、心の安定にも繋がるので、ストレス解消にも効果的です。

ストレス発散や良質な睡眠などに加え、女性用育毛剤で頭皮ケアすることも、抜け毛対策には有効だといえます。

それでも抜け毛が減らないようでしたら、女性用育毛剤を併用して使うこともおすすめです。

おすすめの女性用育毛剤

おすすめ女性用育毛剤
抜け毛の悩みは女性よりも男性の方が多いので、薬局などでは中々売っていないかもしれませんが、ネット通販で探せばかなりいろんな種類の育毛剤が売られています。

有名な育毛剤だと、「ベルタ育毛剤」や「マイナチュレ」「柑気楼」などがありますが、私のおすすめはマイナチュレという育毛剤です。

私も人生で2回、抜け毛に悩まされていますが、2回ともマイナチュレに助けられました。

使い心地もいいですし、何より無添加なので、頭皮の状態を気にせず使える所がいいです。

当時、私が参考にしていたサイトを貼っておくので、興味がある人は1度見てみてください。

紹介した記事はマイナチュレの使い心地に関する記事ですが、効果や口コミ、副作用などの情報もかなり細かく解説されているので、育毛剤選びですごく役に立つサイトだと思います。

まとめ

30代女性は、社会で活躍したり、妊娠出産をしたり、様々なことで活躍している年代です。

そのため、ストレスを抱えている方が多いのが現状です。

仕事や子育てで忙しく、なかなか自分の時間を過ごすことが難しいとは思いますが、たまには気分転換に家族や旦那様の協力を得て、一人でゆっくり過ごしたり、趣味を楽しんだりして、ストレス発散を心がけましょう。

抜け毛対策には、睡眠や女性用育毛剤で頭皮ケアすることはとても大切ですが、何よりも人生を楽しむことが一番の抜け毛対策になることを忘れてはいけませんよ。