1. ホーム
  2. 30代女性の抜け毛対策
  3. ≫30代女性の抜け毛の原因とは?食生活の改善も大切!?

30代女性の抜け毛の原因とは?食生活の改善も大切!?

近年では、30代という若さで抜け毛や薄毛に悩んでいる女性が増えています。

30代という若さで薄毛になるなんて、想像しただけでもショックだと思います。

抜け毛を放っておくと、慢性的な脱毛症に移行する恐れもあるので、手遅れにならないためにも早急に、30代女性を悩ます抜け毛の特徴をしっかりと理解することは大切です。

ここでは、30代女性の抜け毛の原因と対策について紹介します。

抜け毛や薄毛で悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

30代女性を悩ます抜け毛の原因とは?

30代女性の抜け毛が増える主な原因は、女性ホルモンの一種である、エストロゲンが減少することが関係しているといわれています。

そもそもエストロゲンとは、女性らしい身体を作ったり、妊娠・出産に一役かったり、女性にとって大切な役割を持つホルモンなのですよ。

実は、女性ホルモンが分泌されるピークは、結婚適齢期といわれる20代後半で、30代後半になると徐々に老化が始まり減少し、40代になると閉経に近づくにつれ、急激に減少するといわれています。

ただ、老化とは全く関係なく、妊娠・出産することにより、抜け毛が増えることもあるのですよ。

妊娠・出産により増えたエストロゲンが、産後一気に減少することで、抜け毛が増える現象が起こります。

産後の抜け毛に関しては、30代だから抜け毛が増えるというわけではありませんからね。

産後の抜け毛の症状は、経産婦の約7割が体感し、女性ホルモンの分泌量が正常に戻る、約半年〜1年の間に自然とおさまるといわれているので、あまり神経質に考え過ぎないことが大切です。

エストロゲンの減少以外にも、ストレスや不規則な生活、バランスの悪い食事や睡眠不足、過度なヘアカラーなども、頭皮環境を悪化させる要因に繋がり、抜け毛の原因だといえます。

抜け毛を悪化させないためにも、生活習慣を見直すことが重要ですね。

30代女性に最適な抜け毛対策とは?

30代女性の抜け毛の原因を理解していただけたと思います。

30代女性の抜け毛が増える主な原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少が関係しているため、エストロゲンと類似した作用のある、大豆イソフラボンを摂取することが望ましいといえます。

大豆イソフラボンを含む食品を下記に紹介しますね。

納豆

納豆は、髪の主成分となるタンパク質を豊富に含み、イソフラボンも豊富なため、抜け毛対策に最適な食品だといえます。また、納豆に含まれるビタミンB2により、皮膚の新陳代謝が促され、頭皮環境を整える効果が期待できます。さらに、ナットウキナーゼという納豆独自の栄養素の作用で、血液がサラサラになり、頭皮の血行促進効果が期待できるのです。

高野豆腐

高野豆腐には、髪の主成分であるタンパク質に加え、髪を作るために不可欠な亜鉛も豊富に含まれています。また、イソフラボンや毛細血管を拡張し血行促進を促すビタミンEも含まれているので、エストロゲンが減少することで抜け毛が増えてくる、30代女性に適した食品だといえますね。ただし、大豆イソフラボンを過剰摂取してしまうと、子宮内膜症や乳がんになる確率が高くなるといわれているので、過剰摂取には注意が必要です。


女性が、1日に摂取可能な目安量は40mgとされ、上限は70〜75mgです。

分かりやすく提示すると、納豆1パック程、豆乳コップ1〜2杯程、豆腐半丁程が1日の目安量になります。

食品だけで摂取した場合は、過剰摂取になることはほぼないので、あまり気にする必要はありませんよ。

しかし、サプリメントで摂取する方は、過剰摂取の恐れが十分あるので、1日の摂取量である30mgの上限をきちんと守って、摂取することを心がけてください。

まとめ

世間一般的に30代女性は、まだ抜け毛や薄毛に悩まされるには早いと思われがちですが、身体の中では着々と老化が進行していることを理解することが大切です。

20代後半から、女性ホルモンが減少するので、30代になったら20代の時よりも、食事内容ばかりでなく生活習慣に気を配る必要があるということですね。

特に、エストロゲンと似た作用のある、大豆イソフラボンを意識して摂取することが、30代女性の抜け毛対策には効果が期待できます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。