1. ホーム
  2. 30代女性の抜け毛対策
  3. ≫【意外と抜けてる!?】女性の抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?

【意外と抜けてる!?】女性の抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?

抜け毛が気になる女性必見です。

あなたは、1日にどれだけ髪が抜けると思いますか?

以外と知られていませんが、実は私たちの髪は1日に約50〜150本、季節によっては200本程の髪が抜けることもあるのですよ。

ここでは、抜け毛のメカニズムと気になる抜け毛を減らすための対策案を紹介していきますね。

抜け毛のメカニズムとは?

私たち人間の髪は、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれる周期があり、髪が生えて抜けるといった流れを繰り返しているのです。

頭皮環境が正常な女性の場合、もちろん個人差はありますが、髪が成長する成長期が約2〜6年、髪が老化する退行期が約14日前後、髪の成長が止まる休止期が約3ヶ月だとされています。

しかし、薄毛が進行している女性の場合、髪が成長する前に抜け落ちてしまう悪循環が生じてしまうため、ヘアサイクルの期間が短くなる傾向にあります。

私たち人間は、生まれてから一生のうちに、ヘアサイクルを15回繰り返すといわれています。

長い人生の中の15回と聞くと、とても少ないように感じますよね。

休止期を迎えた髪は抜け落ちますが、毛母細胞が分裂をして、新しい髪が伸びていきます。

つまり、休止期を迎えると成長が止まってしまう髪を押し上げて脱毛させ、また毛母細胞が分裂をして新しい毛が伸びるヘアサイクルが始まるわけです。

冒頭で、私たちの髪は1日に50〜150本程の髪が抜けていると話しましたが、生えている髪が約10万本あるので、10万本のうちの50〜150本と考えると少ないような感じがしますよね。

抜け毛を減らす対策案とは?

髪は女の命といわれるように、とても大切な存在ですよね。

いくら1日に50〜150本程の抜け毛は正常だといわれても、不安に感じてしまう方も多いはずです。

そこで、抜け毛を減らすために有効な対策を紹介します。

脂っこい食事を控える

脂っこい食事やファストフード、インスタント食品などの食事が多いと、髪に必要な栄養素が不足してしまう恐れがあります。

規則正しく3食摂取し、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

禁煙を心がける

タバコを吸うと、ニコチンによって毛細血管が収縮し、頭皮に栄養が行き届かなくなってしまいます。

毛細血管が収縮すると、血液が滞るため髪が栄養不足になるので、抜け毛の原因に繋がるわけです。

そのため、禁煙を心がけることは、抜け毛予防に最適だといえます。

睡眠を十分にとる

髪の成長に不可欠な成長ホルモンは、22時〜2時の間に分泌されるといわれています。

できることなら、22時前に就寝すると十分に成長ホルモンの影響を受けることができ、髪の成長にも有効です。

ストレスを抱えない

ストレスを抱えていると、ホルモンバランスを乱したり、血行不良を招いたりして、頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあります。

またストレスは、髪に必要な亜鉛を多量に消費してしまうことから、抜け毛を悪化させる要因の一つだといえます。

ストレス社会の現代ですが、なるべくストレスを溜めずに、日々の生活の中でストレス発散できる工夫をすることが望ましいですね。

育毛剤で頭皮ケア

育毛剤は、頭皮環境を整えるとともに、育毛や発毛効果、脱毛予防などに有効とされる、医薬部外品の女性用育毛剤で頭皮ケアを行うことが、コスト面でも使用感でも適しています。

医薬部外品の女性用育毛剤の中には、無添加で低刺激の育毛剤もあり、肌が弱い方や妊産婦さんでも使用することが可能です。

まとめ

正常なヘアサイクルの女性でも、1日に50〜150本程の抜け毛があることは問題ありません。

しかし、髪は女の命同然のため、抜け毛があれば同然気になるものです。

そのため、日々の生活の中で抜け毛対策を行うことは、髪や頭皮に大切なことだといえます。

食事や睡眠、ストレス発散などに加え医薬部外品の女性用育毛剤を併用することで、気になる抜け毛対策に有効です。

抜け毛が気になる方は、一度試してみる価値はあると思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。